気になるムダ毛は脱毛エステサロンに相談すれば安全に取除いてくれます

コンテンツ一覧

施術方法ごとの特徴

施術台

施術期間が異なる

エステにおける全身脱毛の特徴として、施術方法の違いが挙げられます。まずエステで受けるので医療脱毛と比較して使用する機器の威力が弱いことは前提です。まず代表的なものとしてIPL脱毛があります。これは医療機関で全身脱毛の際に使用される医療レーザー脱毛のエステサロン版というイメージです。エステサロンで施術するため威力が弱く、施術回数が増えます。光を肌に当てることで毛根が毛を成長させる働きを抑えるものです。皮膚の黒い部分に反応する性質を持った光を使用しています。そのため、ほくろなどがある部位には使用することができない特徴があります。そのため全身脱毛の際にほくろがある部位は肌色のテープなどで覆い、施術することから、ほくろ周辺の毛については脱毛できないことになります。また、毛の周期に合わせて施術する必要があるので短期間で効果を実感したい場合には難しい方法と言えます。もうひとつの方法としてSHR法があります。IPL法では光が毛根に作用することで毛の発生を抑えていましたが、SHR法では毛包に作用する特徴があります。毛包に刺激を与えることで、毛を成長させる指令を発するバルジ領域がダメージを受け、毛が生えにくくなります。強い刺激を与えるのではなく、連続的に弱い刺激を与えるので施術中に痛みが少ないことがメリットです。全身脱毛のような広範囲の脱毛の際の負担が小さくなります。また、毛の周期を考えなくても施術が可能となっています。